格安SIMは、白ロム(ドコモのiPhone、スマホの中古)で利用

白ロム

売られている中古のスマホのうち、白ロムと呼ばれるものが、格安SIM用として使えます。
白ロムとは、契約が切れたスマホからSIMカードを抜いたものです。つまり、中古品のスマホです。
白ロムには、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホがあります。
中古と言っても、中には、前の所有者が違約金を払って、契約を解除したものも出ているようです。



格安SIMを使うなら、ドコモの白ロムを購入

格安SIMを扱う通信業者のほとんどが、ドコモの通信網を借りています。
ドコモの白ロム(契約が切れたスマホ)を購入すると、安く利用できます。

中古なら、iPhoneやXperia(ソニー)が買えそうです。
Arrows(富士通)も売れているそうようです。

こだわりがないのであれば、新品のSIMフリースマホが1万円くらいで売っています。

 

iPhoneで格安SIMを使いたい場合は、ドコモの白ロム

子供が、どうしてもiPhoneがいいというので、中古店に行きました。
こどもさんがiphoneを使いたければ、ドコモですねえ」
とダジャレを言っていましたが、
格安SIMで、お安くiphoneが使いたい場合は、ドコモの白ロムを買うしかないそうです。
SIMフリーのiphoneもありますが、価格が、一桁違いますので、手が出ません。

auやソフトバンクの中古iphoneがたくさん並んでいますが、格安SIMが使えません。

赤ロムに注意

店員さんによると

中古品の中には、料金未納で、SIMカードが抜き取られた端末が出回っているようです。
これを手にすると、SIMカードを入れても使えないそうです。
ただし、ほとんどの中古ショップでは、対応してもらえるそうです。

赤ロムになるケースとしては、持ち込まれる時点では、利用可能と店が判断し、
その後、持ち込んだ人が料金を踏み倒すケースが多いそうです。
また、盗難品もあるそうです。

赤ロムと言っても、赤色のSIMカードということではありません。
勘違いしやすいです。お店の人も、勘違いされる方がいますとのことでした。

白ロム転売で逮捕されたというニュースを聞いたことがあります。
白タクと重なってイメージが悪かったのですが、きちんとした店舗で買えば
状態のよいものが手に入るのではないでしょうか。