新幹線、行程の途中で下車する場合は、特急券を分けて買うとお得

新幹線を使って、ある駅まで行き、一度、駅を出て、さらに、その向こうの駅まで行く場合、乗車券は通しで購入し、特急券だけ分けて購入すると、お得な場合があります。

 

遠距離の場合や、家族で旅行する場合は、数千円、お得になります。




 

東京を起点とし、京都に寄り7泊してから、鹿児島まで行く場合、京都で途中下車しても4,220円安くなります。

 

JRの料金(きっぷ)について

新幹線を利用する場合、乗車券と特急券が必要です。

 

乗車券

乗車券は、100kmを超える距離なら、途中下車が何回でもできます。ただし、後戻りができません。
有効期間は、距離が長くなるほど、日数が加算されます。
東京駅―鹿児島中央駅では、9日間あります。

 

有効期間の計算方法

距離km÷200km+1日=有効期間(小数点以下切り上げ)

乗車券は、出発駅から到着駅まで通して購入し、途中下車を利用することで、分けて購入するより安くすることができます。

乗車券の比較

通しで乗車券を購入
東京―鹿児島中央 16,410円

 

乗車券を分けて購入
東京―京都     8,210円
京都―鹿児島中央     12,420円
合計        20,630円

差額        4,220円

乗車券を分けて購入すると、4220円高くついてしまいます。

特急券の比較

特急券は、途中下車が使えませんから、分けて購入することになります。
特急券のみ比較すれば、分けて購入するより、通しで購入するほうが安くなります。
この例では、京都で下車しますから分けて購入することになります。

 

東京―京都     4,870円
京都―鹿児島中央  9,710円
合計       14,580円

 

この例では、京都で駅を出ることを想定していますから、特急券は、分けて購入しなければいけません。
特急券の合計金額は、14,580円になります。

 

参考:東京―鹿児島中央の特急券は、12,410円

 

東京―京都(途中下車)―鹿児島中央の新幹線料金を安く購入するには、乗車券は通しで購入し、特急券のみ分けて購入ます。

東京―鹿児島中央までの乗車券を通しで購入する。(16,410円)
東京―京都(4,870円)、京都―鹿児島中央(9,710円)の特急券を分けて購入する。

 

旅行の行程に合わせて、東京―京都、京都―鹿児島中央を別々で購入してしまうと、4220円高くなってしまいます。

 

往復割引乗車券を利用すると、さらに安くなります。

往復割引は、600km以上の場合、乗車券のみ割引を受けることができます。
この行程の場合、往復割引(1割安くなる)を利用すれば、往復で3,280円(端数切捨て)安くなります。

 

行きに京都により、帰りは直帰する場合、一人当たり、7500円安くなります。
大人2人、子供2人で往復する場合、22500円安くなります。

 

この区間は、格安チケットがありません。
新幹線なら往復割引が安くなります。

 

往復割引は、学割も使えます。

学割は、2割引きです。
往復割引を使って、さらに2割引きで計算されます。

 

往復割引の有効期間

また、往復乗車券の有効期間は、片道の2倍になりますから、この東京―鹿児島中央までの行程では、(片道9日×2)18日間になります。
往復の有効期間の計算は、距離ではなく、片道の2倍です。

 

 

東京―長野―金沢の場合(新幹線利用)

東京を起点とし、長野に寄り3泊してから、金沢まで行く場合、長野で途中下車しても660円安くなります。

 

乗車券の比較

通し乗車券を購入
東京―金沢 7340円

 

乗車券を分けて購入

東京―長野 4000円
長野―金沢 4000円
合計    8000円

差額は、660円

 

乗車券の有効期間が4日間あるため、途中下車で長野に寄ります。

 

特急券

特急券は、途中下車が利用できませんので、長野で下車する場合、分けて購入することになります。
東京―長野 3680円
長野―金沢 4440円
合計     8120円

 

往復割引(1割引き)を利用すれば、乗車券が1470円安くなります。
行きに長野に寄り、帰りは直帰するとして、家族4人(大人2人、小ども2人)で利用すれば、6390円安くなります。

 

学割なら、さらに2割引きになります。

 

他の行程の場合

他の行程なら、格安チケットのほうが安い場合もあります。
例えば、東京―名古屋、大阪方面ならチケットショップで、格安チケットを購入したほうが安いです。

金券ショップでは、回数券をバラにして売っています。

 

時間がある方は、バスか青春18きっぷがお得

もし、旅行日程に時間があるのでしたら、高速バスか青春18きっぷのほうが安いです。

 

青春18きっぷは、JRの普通、快速列車、フェリー等で利用できます。
青春という名前が付いていますが、年齢制限はありません。

 

5回分(5日分)で、11,850円です。
1回(1日)あたり、2370円。
子供料金の設定はありません。

 

一人で5回分使ってもいいし、5人で1回ずつ同時(同一行程で)に使うこともできます。
1回の有効期間は当日のみです。

 

利用期間
春(3/1~4/10)
夏(7/20~9/10)
冬(12/10~1/10)
です。