2年しばりの落とし穴、違約金を支払う

乗り換え(MNP)手数用は、5,000円

携帯電話の乗り換え(MNP)の手数料は、5,000円(税抜き)です。
ドコモからauのように大手キャリア間でも、auから格安スマホでも同じ料金です。
乗り換えの手続きは、乗り換え元の販売店に行くと待ち時間が長いため、電話するのが早いです。




ドコモ:151
au:0077-75470
ソフトバンク:157

2年しばりの更新月以外だと、手数料は、14,500円

2年しばりの更新月以外に解約してMNPを利用すると、解約の違約金が9,500円、MNPが5,000円かかります。
2年しばりは、2年ごとに自動更新になります。
契約更新月(2年契約-[更新月]-2年契約)の間の1月間なら違約金0円で解約すが、更新月に解約しないと、自動で2年契約が更新されてしまうため、解約しようとする場合、さらに、2年待たなくてはいけません。
2年待って解約するかどうかを考えた場合、次の2年分の料金を考えると、格安SIMのほうがトータルで、お得だと思います。ただし、通話時間が短い(月80以内)場合です。

解約やMNPの場合、1,2ヶ月くらい前から準備されるとよいと思います。以下、私の失敗です。

私の失敗(2年しばりで違約金を支払う)

私は、以前、2年契約のデータ通信専用のWimax(ポケットWiFi、モバイルWiFi)を利用していて、契約解除に手こずり、違約金を支払いました。

契約解除の手続きに2ヶ月

契約解除の時期は、分かっていたのですが、ホームページには、解除の方法についての記載や電話番号が分からなくて、別のサービスの窓口に電話をすると30分以上待たされて、やっと手続き関係の電話番号を聞くことができました。仕事の合間(昼休み)に連日、電話をしたのですが、つながらず、時間休を利用して、電話番号を聞くのに2週間ほど、かかりました。

その後、解約について電話すると、ホームページから手続きしてくださいと案内がありましたが、メニュー階層の深いところにあり、私には探すことができませんでした。
解約のページで、必要事項を入力すると、契約解除の用紙が郵送されてきました。ここまで、3週間です。

送られてきた文書をよく読むと、解除できるのは、書類提出後の翌月になる。
つまり、解約手続きの書類を提出しても、無料で解約できるはずの今月は、解約できず、契約が自動更新されることになります。
結局、無料で契約解除ができず、違約金を払うことになりました。
解約時期による違約金の発生については、ホームページにも書いてありました。

契約時の失敗

このWimax、契約時にも失敗しています。
ネット検索で価格の安いものを探していたところ、大手GMOで通信料金が安く、通信端末もNECでしたので、契約をしました。

ネット情報では、当時、一番安く、月1,700円くらいでした。ホームページ上の、ここから申し込むと「キャッシュバックもありで、安くなる」という画面上のボタンを押して、申し込みました。

ところが、このボタン(しくみ)が有効ではなかったらしく、通常の料金になってしまい、しかも、税金とオプション、手続き関係諸費用で、約530円上乗せとなり、月、4,400円になってしまいました。
それでも、他社は、5,000円くらいでしたので、安いほうでした。

ホームページ内を探してみると、個人のホームページなどの広告から申し込んだ場合は、そのしくみが適用されない場合がある。というようなことが書いてありました。

電話してみましたが、契約時に契約内容に対して「同意されたはず」「同意された上で申し込んだんですよね」と言われ、応じてもらえませんでした。
細かい字をよく読まずに登録した私の失敗でした。

私の知人も同じようなケースがあったと聞きました。
衛星テレビの解約をしようとしたら、解約のための電話番号がホームページに記載されていなかったため、契約窓口に連絡し、私と同じように電話が、いつも話中でつながらず、解約に3ヶ月かかったそうです。

口コミなどから、簡単にサービスの登録ができても、簡単に退会しにくいサービスは、たくさんありますね。
携帯電話も、2年しばりなどがあり、やめても違約金が発生するなど、やめにくいです。
勉強になりました。