食べ物で節約しようとすると、野菜の価格が高くて困ります。

もやしなら安く購入できます。

金がない時は、もやしを食べる

もやしの価格は、一袋、25から40円くらいです。
安いところでは、10数円でかえるそうです。

私の地元では、28円から30円です。
私は、40円なら買いません。

 

保存方法

タッパーに水ともやしを入れて保存するとよいそうです。

もやしは痛むのが速いため、早めに食べてしまったほうがよいそうです。

 

もやしは、水分も多いので、お腹に溜まりやすいです。
ダイエット効果も期待できます。

 

食べ方

そのままのこともありますが、一味唐辛子や塩、醤油で味付けする。
鶏ガラスープの素たカレー粉のようなものがあれば、少しおいしくなります。

 

缶詰などが買えれば、もやしに入れて炒めたり、袋ごとレンジに入れて温めた後、缶詰の具をのせたりします。

 

缶詰は、ツナやサバ、マグロのそぼろのようなものを安い時に買いだめしています。

袋入りのラーメンといっしょに食べることもあります。

 

子供は、ひき肉といっしょに炒めて、一味や豆板醤で味付けするのが好きです。
豆板醬は、1kg売りを安い店で買ってきます。
辛いため、ごはんがたくさん食べられます。

 

もやしの栄養価など

もやし生産者協会

 

自己破産時から、もやしをよく食べていたため、子供たちは、飽きてしまっています。

ときどき、仕事で郊外に出たとき、無人の売り場や地元の人が利用するような直売店で、もやし以外の野菜や果物を購入することがあります。

 

郊外や山間部では、無人や果物の野菜売りががあります。
安く購入できますが、夕方には、無くなっていることもあります。
最近、野菜が高騰しているため、すぐに無くなってしまうようです。