JICC(株式会社日本信用情報機構)に登録されている自分の信用情報を確認してみました。

あなたがクレジットカードやローンなどの契約時に、JICCやCICなどの信用情報機関へ登録してもよいという書類にサインします。支払いが遅れたりすることなく正常に支払っていても、正常に支払いが行われていることが信用情報機関に記録されます。しかし、あなたの支払いが滞ったり、正常に返済できなかったりすると、その情報が「事故情報」として記録され、他の信用情報機関と共有されます。
その後、あなたが新たにローン契約やクレジットカードを作ろうとすると、ローン会社やクレジット会社が、JICCやCICなどの情報機関に確認し、遅延などがあると、審査で落ちてしまいます。

自己破産でブラックリストに登録されるのは、何年間?

日本国内の信用情報機関であるJICCとCIC、全国銀行個人情報センターでは信用情報の共有を行っていますから、他の信用情報機関であるCICで情報開示しても、同様の開示結果が得られると思います。しかし、JICCとCICの会員(ローン会社、クレジット会社)は異なるので、心配なら両方開示をしたほうがよいかもしれません。会員情報は、CIC、JICCのページで確認できます。

JICCとCICの情報の保有期間は5年、全国銀行個人情報センターは、情報の保有期間が10年です。
JICCとCICの登録状況の情報開示手続き方法は、ほぼ同じで、手数料はどちらも1000円です。

手数料の支払い方法は、ネットで開示手続きする場合、支払い方法はクレジットカードになりますから、クレジットカードをもっていないかたはインターネットでの開示は困難だと思います。
クレジットカードをお持ちでない方は、郵送での申し込みになると思います。郵送で申し込む場合、定額小為替(郵便局のゆうちょ銀行窓口、手数料100円)です。

プリンターがなく申込書が印刷できない場合、コンビニで簡単に印刷できます。

JICCの窓口で開示請求もできますが、東京と大阪のみです。
CICは、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡に窓口があります。
料金は、いずれも500円です。

本人確認の書類について
顔写真付きのものなら、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなど1点でよいです。
顔写真がない保険証、年金手帳、住民票などの場合は、2点必要です。
(参考)CICの場合、2点必要です。

開示結果は、インターネット開示の場合でも郵送です。
CICは、インターネット開示の場合、即時開示のため、画面上で確認できます。

クレジットカードが無い方でプリンターをお持ちでない方は、コンビニで申込書が印刷できるJICCが早いと思います。
クレジットカードをお持ちの方は、CICでインターネット開示すると早く結果を見ることができます。

開示請求の方法
以下の方法があります。電話、メールでは行えません。
・インターネット(手数料1000円。開示結果は郵送)
・郵送(手数料1000円、定額小為替を送る)
・窓口(現金500円)東京、大阪のみ

手数料の支払いについて
スマホ、パソコンなら、インターネットでできますが、クレジットカードまたはATMかインターネットバンキング(ペイジー対応)による支払いとなります。クレジットカードは、本人名義のものでなければなりません。

JICC開示窓口(東京都台東区上野、大阪市北区堂島)では、現金500円です。
窓口で申込書を記入しますが、あらかじめ郵送用の申込書を作成し窓口で提出することもできます。

郵送の場合、「定額小為替」1000円を郵便局の窓口(ゆうちょ銀行)で購入し、封筒に入れて送ります。郵便局での購入手数料は100円です。また、郵送するので切手代がかかります。返信用の封筒は必要ありません。

定額小為替は、郵便局のゆうちょ窓口で購入します。コンビニでは売っていません。
定額小為替には、住所、氏名を記入する欄がありますが、書く必要はありません。購入した状態のまま送ります。

追加手数料(オプション料金)
以下を希望する場合、追加手数料が必要です。
・複数氏名(旧姓、家族等)の情報を開示(人数×1000円分の定額小為替)
・速達(300円、定額小為替)
・本人限定受取郵送(300円、定額小為替)
※速達、本人限定受取郵便、両方の場合は、600円分の定額小為替が必要です。

郵送で開示請求する手順

1.「信用情報開示申込書」は印刷するか、コンビニで印刷する(郵送の場合)。
プリンターをお持ちの方は、JICCのページから「開示申込書作成フォーム」に入力して印刷します。
プリンタをお持ちでない方もいると思います。申込書は、コンビニで印刷します。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、セイコーマート、デイリーヤマザキのマルチコピー機での印刷
マルチコピー機では、JICCが用意したページプリント予約番号、ユーザー番号(JICCのページ「コンビニエンスストアから申込書等を印刷する場合」)を入力して印刷するだけです。

(参考)
CICは、電話で「信用情報申込書」を取り寄せることができます。

2.「信用情報開示申込書」を郵送する。
下記を封筒に入れ郵送します。
・定額小為替1000円分(オプション料金も定額小為替)
・信用情報開示申込書
・本人確認書類1点(運転免許証、マイナンバーカードなど顔写真があるもの)
または、本人確認書類2点(健康保険証、年金手帳、住民票(3か月以内)など顔写真がないもの)

送付先
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-5-30
堂島プラザビル6階
株式会社日本信用情報機構 開示窓口

3.受取
JICCのページでは、申込用紙を送ってから10日ほどと書いてあります。
私は、投函してから5日で受け取りました。

送られてきた封筒には、JICCと大きな文字が書かれており、関心がある人以外は、一見、何の郵便物か分からないと思います。調べればJICCがどのような会社か分かりますが、ご家族などが見てもスルーされそうな郵便物です。

JICCに掲載されている内容は、消すことができません。
誤った情報が登録されている場合は、個別にクレジット会社やローン会社に問い合わせます。
自己破産手続きが完了し、5年経過すれば、登録情報が消えると思います。もし、掲載されている場合は、クレジット会社やローン会社に問い合わせるか、自己破産手続きをしているなら弁護士さんに相談します。

返済が完了していても解約していなければ、JICCに掲載されていることがあります。クレジット会社やローン会社は、メールでの問い合わせに対応していないこともあります。また、回収を別会社が行っていることもありますから、電話番号を調べて問い合わせをします。

クレジット審査落ちについて
JICCやCICによると、審査基準は、クレジット会社等が独自の審査基準で決めているため、審査落ちの理由は不明ということです。クレジット会社やローン会社は、JICCやCICの情報も参考にし判断します。したがって、JICCから情報が消えていても、クレジット会社やローン会社等が独自に過去の記録など(いわゆるブラックリスト)から審査、判断していれば、クレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなかったりすることがあると思います。