Yahoo! ボックスやiCloud、Google Driveなどのオンラインストレージは安全か?

私は、見られても困らない写真などの一部をオンラインストレージに保存しています。

有名な企業がオンラインストレージサービスを提供しています。
どこの国のどのサーバにデータが保存されるか分かりませんから、写真や人に見られてもよいデータであれば、これらのサービスを利用してもよいと思います。
また、誤ってデータを消してしまってもオンラインストレージ上にデータがあれが、復活できます。



以前、サービスを提供している会社の方に質問したところ、保存の操作をした時間によって、どの国のサーバに保存されるか分からないとのことでした。
実際に、質問した会社の方の前でデータの保存日時を確認したところ、アメリカ東海岸の時間だったり、シンガポール付近やインドの時間だったりしました。

私の職場の同僚は、オンラインストレージサービスに資料を保存して、出先で利用しています。
会社では、個人のタブレットやノートPCを持ち込んで使用しているため、利用しているオンラインストレージは、人それぞれです。

主なオンラインストレージサービス

Yahoo! ボックス 5GB 無料
Drop box 2GB 無料
Google Drive 15GB 無料
マイクロソフト One Drive 15GB 無料 (旧名称 Sky Drive)
Apple iCloud Drive 5GB 無料

Apple iCloud Driveについて

私は、ipadを利用しており、Apple iCloudに写真やメモなどを保存しています。
自動で、パソコンとデータの同期が取れますから、Windowsパソコンで編集したものを、Apple iCloudに保存すると、瞬時に反映します。
逆にiPadで写真を撮って保存すれば、パソコンで、その写真を見ることができます。
特に転送操作の必要はありません。

iCloudは、定期的にパソコン、iPad(iPhone)、オンラインストレージで同期を取ります。
時々、パソコンが遅いと思ったら、同期を取っている最中でした。
また、パソコン内にiPadと同じデータが保存されるため、知らない間にハードディスクが圧迫されて、一杯になってしまうことがあります。
PCの動作が遅いと思ったら、My pictureフォルダなどに大量にデータが保存されていました。

また、保存できるファイルが限られていて、ビジネスなどで使うには、物足らないという場合があります。
日常生活で使う写真データやメモなら問題ありません。

 

私の周りで、iPadやiPhoneを使っている人は、購入してから1年くらいまでは、Drop boxが使いやすいと言っていましたが、利用者の保存容量が増えてきたため、One DriveやGoogle Driveに乗り換えています。

職場では、2,3年前まで、iPad派が多くiCloudの利用者が多かったのですが、最近は、AndroidやWindowsのほうがデータ形式などを気にしなくてよいため、これらの端末とオンラインストレージの組み合わせで使う人が増えてきました。