自己破産体験記と破産後の節約生活や稼ぐ方法、貧乏生活改善のための体験談記録です。

ニゴイをルアーで釣って食べる。

ニゴイをルアーで釣って食べる。

ニゴイは、漢字で似鯉と書きます。
口にひげがありますが、鯉よりは、体が細いです。

ニゴイは、小骨が多く、食べにくいため、好んで釣る人は少ない魚です。
ニゴイを釣っても持ち帰らないためか、大型のものが、うじゃうじゃいます。
冬でも、たくさん釣れますから食用確保がしやすい魚です。



ニゴイは、食べられるか?

小骨が多く、大型のものは、食べにくいです。
30㎝以上のものは、小骨を取りながら、食べます。
20cmくらいのものなら、小骨が気にならないと思います。

子供さんが食べると、小骨が多いため、嫌いになってしまうかもしれません。

 

白身でおいしいです。
ヒラメの代用にされたことがある魚だそうです。

 

京都の料亭では、鱧のように骨切りして、洗いやてんぷらで、出しているところもあるそうです。

 

私は、小型のものは、塩焼き、素揚げ、大型のものは、ぶつ切りにして、から揚げで食べました。
小骨が多くても、食べ物がないときは、しかたありません。

 

大陸では、ニゴイに似た(パッと見ニゴイ)魚がメインディッシュとして、ホテルや食堂などで出ているのをテレビで見たことがあります。
油で揚げて、あんかけにして食べていました。

 

ニゴイは、日本にいるニゴイのほか、コウライニゴイという種類が中国、台湾、朝鮮半島にも生息しているそうです。

 

寄生虫

他の淡水魚も同様ですが、寄生虫がいる可能性が高く、海水魚より人体被害が大きいそうです。
魚の内臓にいるものが有名ですが、筋肉内に生息している種類もいます。
生食は避け、十分加熱することが大切です。
また、多くの寄生虫は、冷凍すると死滅するそうです。

 

寄生虫の中には、人体に入ってから、数週間から10年以上生きるものもいるそうです。

 

ニゴイ、冬でも大型が釣れる

ニゴイの生息場所

鮎やヤマメがいるような清流から、汽水域まで生息しています。
鮎の友釣りで、引っかかってくるこもあります。
下流で、セイゴ釣りをしていて、ニゴイが釣れてしまうこともあります。
また、ダム湖などでも釣れます。

 

橋の上から、水中を観察すると、50cmくらいの大型の魚が泳いでいることがあります。
多くは、ニゴイではないでしょうか。
ニゴイは、見えるものが釣れます。

 

釣れる時期

1年中、釣れます。
私の近くでは、春、小型が多いです。
冬は、大型が釣れます。

 

正月に子供が初釣りに行きたいと言って、40~50cmのニゴイを数匹、釣ったことがあります。
このときは、ルアーでした。
冬は、食糧確保が難しいです。
子供との遊びを兼ねて、食糧確保ができました。
釣った魚は、冷凍にしておいて、から揚げで食べました。

 

子供にせがまれて、その後も数回、出かけました。
コツは、中、上流域の橋や堤防の上から、魚影を見つけて、それを釣り上げることです。
子供は目がいいので、ポイントをすぐに見つけてくれます。

 

ニゴイは、雑食性

エサは、ミミズ、エビ、タニシなどでよいのですが、手に入りやすいのは、ミミズだと思います。
ミミズなら、ニゴイ以外の魚が釣れます。

 

大型は、魚も追って食べます。
このことからルアーで、大型のものが釣れます。

 

ニゴイ用のルアー

自己破産する前は、小型のスピナーでよく釣りました。
流れが緩いところでは、これがよかったです。

 

次にスプーンです。流れのあるところでは、これがよかったです。
真冬でも、釣れましたが、活性が低いため、ルアーがアクションする範囲で、ゆっくり巻きます。

 

スピナー、スプーンともに小型のものが、アタリが多いです。

 

現在は、安く手に入るワームを使っています。
ワームは、万能です。
ナマズ、ウナギ、雷魚、ブラックバスも釣れます。

 

私は食糧確保も考えているため、ワームを多用しています。
子供は、いろいろ使っていますが、スピナーが一番釣れています。

 

ニゴイは、ブラックバスやナマズ、ニジマスなど、ルアー釣りの外道として、釣れますが、ニゴイをメインで狙う人は少ないと思います。
引きが強いので、楽しめます。
大型がかかるため、網があると確実に取り込めます。

 

針は、定期的に交換するか、やすりで尖らせましょう。

針先が尖っていると、魚が触れただけでフッキングします。
川で釣っていると、川底の石などに針があたり、針先が丸くなりやすいです。

 

新品に交換できるなら、交換します。

私は、やすりで磨いて使っています。

 

遊漁券

河川で釣る場合は、遊漁券が必要な場合が多いと思います。
お近くの釣具屋、漁業組合で扱っていると思います。
上流部なら、コンビニなどでも扱っています。
1日あたり、500円くらいです。
同じ川に、よく行くなら、年券がお得です。

 

子供(中学生まで)は、無料のことも多いです。
私は、子供といくつかの河川を回るときは、自分は釣らずに子供だけ釣ることがあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP