日給1万円、コンサート・ライブなどのイベントスタッフはブラック?

イベントスタッフなど、単発のバイトがアルバイト情報サイトなどに紹介されています。
その中で、コンサートスタッフは、芸能人に会えるかもしれないから、という理由で応募する人もいると思います。




先日、学生さんから、コンサートスタッフのアルバイトの話を聞きました。

彼は、芸能人に会いたいわけではないが、バイトの求人サイトで掲載されている日給1万円というコンサートスタッフに応募をしたそうでした。

アルバイト情報や求人サイトは、会員登録が必要で、会員登録後は、求人サイト運営業者が指定する銀行に口座をつくります。
この登録手続きのために、事前に運営業者の事務所に行く必要があります。
もちろん、交通費は、自分持ちです。

当日の業務内容は、以下のようなものです。

コンサート、ライブの設営と警備、片付けのアルバイト

朝5時に集合し、コンサート前の会場設営をします。
コンサート中は、会場内でなく、外の警備、コンサート終了後は、会場の片付けをし、解散したのが夜中の2時

約21時間拘束され、求人サイト運営業者から支払われたのは、1万円だったそうです。
交通費は、でません。

設営

4~5時間ぶっ通しで働きます。
トイレはタイミングを見て、行くのですが、トイレに行けるような雰囲気ではないそうです。
食事は、昼の1回のみ。
交代で食事を取りながらですから、5分くらい食べたらすぐに現場のリーダーなどから指示があり、働くという感じです。

食事については、事前に連絡がなく、念のため、持参したパンやおにぎりを昼に食べただけだそうです。

 

休憩できたのは、コンサート中の警備の時間。
外部と会場を結ぶ通路の警備で、不審者がいたら、進入を防ぐ役目だったそうです。
約2時間、人の出入りがないため、体が休まったようです。

当然ですが、芸能人には会えません。

怒鳴られながらの仕事

若いため、体は問題ないようですが、常に怒鳴られながらする仕事は、とても不快だったそうです。

準備では、休憩なしで、椅子並べをし、舞台装置を出します。
作業前ミーティングもなく、いきなり始めるから、学生のバイトの子は、どうしていいか分からなかったそうです。

舞台装置は、その道のベテランがいるが、怒鳴られながら行います。
「おまえは、バカか」「そんなこともできないのか」と言われながらやるそうです。

装置の扱い方や組み立て方を聞いても怒鳴られます。
あちことで、怒号が聞こえてきて、切れそうな学生もいたようです。

マージンが引かれている

アルバイト求人サイトの会社は、どのくらいマージンを引いているのか分かりませんが、サイトの仕事内容と実際の仕事が違いすぎたと感じたようでした。
彼やその友達の学生は、二度とやなかったそうです。

私も’90年代に有人に誘われて、2回、コンサートスタッフをしたことがあり、バイトへの扱いは、同じようなものでした。
終始、人を否定するような言葉ばかり浴びせられて、心が折れました。
当時は、日給5,000円くらいでした。
交通費と食事代を引くと、残らなかったか、マイナスだなと、同じバイトのスタッフと話した記憶があります。

交通量調査はどうか

求人サイトに交通量調査の募集が掲載されていました。
時給850~1,000円です。
8時間で、6,800~8,000円です。

私は、’90年代に交通量調査をやったことがありましたが、当時は、8時間で、10,000円でした。
24時間、ぶっ続けで3万円もらったこともありました。

今は、もう少し上がっていそうな気がします。
都市計画などのため、省庁や自治体が交通量調査を実施すると思うのですが、派遣会社やアルバイト情報サイトを通すため、マージンが引かれるのだと思います。