車は、新車購入時に下取りに出すより、中古車業者に出すほうが高く買い取ってくれる

自己破産手続きで、車の売却金額を調べるため、数社から見積もりをもらいました。
このうち、弁護士には、2社分を提出しました。



2社だけでよかったのですが、ポイントサイトで、ポイントを溜めるために欲張ってしまった結果です。
実際にディーラーや中古車販売店にも行きました。

ディーラーのうち1社では、新車で購入する車が決まらないと出せないということでした。
つまり、値引き込みで下取り価格を出すということです。
別のディーラーでは、ネットで新車の値引き価格が出ているので、お客さんにも買い取り価格が分かってしまいますからと、私の車の買取価格を教えてくれたところがありました。

この業者さんは、私がローンを組めないことを伝えています。
それを分かった上でのアドバイスは、
・複数の中古車業者に見積もりを出してもらって比較したほうがよい。
・その上で、新車や中古車を買ったほうがよい。
・下取りがなくても、新車は値引きします。ネットで出ているから、お客さんを騙せません。
だそうでした。

実際に、このディーラーでの見積もり価格より、中古車業者の見積もりのほうが高かったです。
ディーラーでの見積もりは、20万円でしたが、中古車業者は、15~45万円で、ほとんどが30万円以上でした。

自己破産時には、いくつかの業者に見積もってもらいましたが、自己破産手続き時には、破産管財人の指定業者が見積もった価格で売られることになりました。
そのお金は、破産管財人が回収し、債権者へ分配されました。

 

中古車は、そのままの姿で国内で売られることもあれば、オークションに出したり、海外に行くこともあるそうです。中には、バラして海外に売られることもあるそうです。