自己破産体験記と破産後の節約生活や稼ぐ方法、貧乏生活改善のための体験談記録です。

仕事中の怪我で労働者災害保険(労災)の請求をする

  • HOME »
  • »
  • 仕事中の怪我で労働者災害保険(労災)の請求をする

仕事で怪我をして、労働者災害保険(労災)の給付を受けました
私は、仕事中に頭部を負傷して、救急車で運ばれたことがあります。
このとき、労災による給付を受けましたので、報告します。

労働災害の状況

仕事で、古い機械を解体していました。
解体作業中、バネで固定されていた金属のパーツが眼から頭部に当たり負傷しました。

救急車で病院に運ばれ、外科で、頭部を数針縫いました。
視力はありましたが、腫れているせいか視力が低下したいるように感じました。
眼の周りも負傷したため、眼科にも行き、診てもらいました。

また、メガネをしていましたが、片側のレンズが割れ、フレームも曲がっていました。このメガネは、修理不能で、新しいものを購入しました。
保険は適用されません。



労災保険の手続き

労働災害保険は、厚生労働省の管轄です。
労働保険は、事業主が加入するものです。
事業者は、労働者を一人でも雇っていれば、労働保険に加入しなければいけません。

給付を受けるためには、労働者が事業主に対して、労働中に起こったケガ等について、報告します。
同時に医療機関にも労災であることを伝えます。
事業主が労災と認定すれば、事業主は医療機関へ提出する書類をつくります。
労働者は、この書類を持って、医療機関に行きます。

仕事中のケガなどで負傷した場合、かかった医療費が給付されます。
労災が認められれば、自分の負担はありません。

通常、病院にかかった場合は、自己負担として、3割支払いますが、労災保険は、療養費(10割)がすべて給付されます。

①労災指定病院で治療を受けた場合

窓口で「労災」と伝えれば、お金を払わなくてもよい。
ほとんどの医療機関が労働災害保険指定医療機関のようです。

労災保険指定医療機関検索
http://rousai-kensaku.mhlw.go.jp/

②労災指定病院以外で治療を受けた場合

一旦、自分で支払って、後で請求することで、返金されます。

欠勤した場合

4日以上、欠勤した場合は、労災保険から休業補償給付金が出る。

私の場合

外科

救急車で運ばれた病院では、最初の治療後、窓口で「労災ですね」と言われましたが、後で手続きすれば返金があるということで、一旦、お金を払いました。
保険証も窓口で、提示しています。

労災だから、お金は払わなくてよいと思っていたのでしたが、財布を持っていたため、払うことができました。

後日、職場で、「給付請求書(様式5号だと思います)」をつくってもらい、病院に提出しました。
書類を提出するまでに、3回、通院し、窓口でお金を払っています。
書類を提出したところで、これまでに支払ったお金が返金されました。
その後、通院しても、お金を払うことはありませんでした。

眼科

救急車で運ばれた病院で治療が終了したのは、18時頃でしたので、眼科には、翌日行きました。
眼科では、特に問題がないそうですが、経過観察のため、3回ほど診察を受け、お金を払いました。

眼科では、初診日に窓口で、「労災です」と伝え、保険証を提示し、窓口でお金を払いました。
後日、状況を職場に状況を説明すると、「医師に問題なしと言われたのであれば、労災ではない」とのことでした。

制度の手順どおり、最初から払わない場合もある。

私の場合、労災指定病院で治療を受けましたが、一旦お金を払い、後で返金してもらいました。

私の同僚は、以前勤めていた工場で指を切断して、最初から払わなかったと言っていました。
救急車で運ばれ、特に何も言わなくても会社で書類をつくってくれたそうです。
書類も上司が本人のところに持ってきてくれたそうです。

会社によっても、対応が違うと感じました。

腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアは、労災認定されない

前の職場で、椎間板ヘルニアになりましたが、労災ではありませんでした。
その当時、30~70kgの荷物を毎日に数十個、運んだり積み下ろしたりしていました。
運搬業務が主な業務ではない場合、椎間板ヘルニアは、労災認定されないようです。

私は、腰痛や足腰のしびれを感じて、椎間板ヘルニアと診察されましたが、会社では、労災とは認められませんでした。
同様の業務を行っている私の周りの社員で、椎間板ヘルニアや慢性の腰痛持ちが、10人中に6、7人くらいの割合でいました。他の社員に聞いても、労災になった社員はいませんでした。

その後、ネットで検索してみると、椎間板ヘルニアや腰痛は、業務が直接の原因かどうか、判断しにくいため、認められないそうです。

腰痛やぎっくり腰、椎間板ヘルニアは、日常の健康管理ができていないことや運動不足、加齢による筋力の低下などが原因と考えられる場合もあり、業務による労災認定は、厳しいそうです。

現在の職場でも、30代以上で慢性の腰痛持ちが5割くらいいます。
定期的に整体などに通っている方もいます。
皆、時間とお金がかかりっていますが、家族を食べさせるためには、仕方ないと言って通っています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP