私は、新幹線を利用するとき、回数券のばら売りを金券ショップで購入しています。

仕事の関係者から聞いた話ですが、回数券よりお得になるチケットがあるそうです。

 

スマートEX、プラットこだまがお得だそうです。

宿泊する人は、宿付きの「プラット旅」を利用することで、宿代が2000円くらいになったそうです。

 

スマートEXは、会員になると、21日前までの購入で通常より大幅に安くなるサービスがあるそうです。
プラットこだまは、現地で使用できるお土産クーポンが数千円分ついているため、格安切符よりお得になるそうです。

格安の新幹線切符、チケット

回数券のバラ売り

回数券は、11回分の券を10回分の金額で購入できます。
そのため、1回分の金額が安くなります。

有効期間内に何度も使う人や企業で配る場合は使い切れると思います。

個人で購入して、回数券を期限までに使い切れない人が金券ショップに持ち込んだり、金券ショップが販売を目的として11回分の回数券を購入するなどして、金券ショップが利益が出る価格を設定してバラ売りします。

売る方は大量に売ることで利益が出ますし、買う方も1回の新幹線利用の場合、ふつうに購入するより、安く手に入れることができます。




回数券は利用できない期間がある

回数券は、ゴールデンウイークやお盆、年末年始は利用できません。
利用できない期間:4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~翌年1月6日

 

実際に乗る区間外の回数券を購入して途中から乗車する

先日、金券ショップで乗車予定区間のものがなく、区間外のものを購入しました。
利用区間は、東海道新幹線内の駅から山陽新幹線内の駅でしたが、目的地までのものが金券ショップになく、その一つ向こうの駅までのものを売ってくれました。

この切符は、使用期限切れ直前のものでした。
使用する期日を聞かれ、使えるものを出してくれました。

格安ショップ側も使用期限が迫っていたものであったため、売りたかったのだと思います。

 

金券ショップでは、2区間分の2枚を売ってくれることもあります。

新幹線回数券バラ売りが格安チケット

格安チケットより安い?スマートEX

私が出張先で会った他社の人たちは、新幹線の指定席を格安ショップよりお得な価格で購入して、来たそうです。
スマートEXのメリットをいろいろと教えてくれました。

 

ネット購入できる

スマートEXは、ネットで座席指定券を購入するしくみです。
乗車する直前にスマホで新幹線の指定席を予約することができる。

 

予約時期、期間によっては、格安チケットより安いことがあるそうです。
年末年始など、繫忙期は、値上げされるそうです。
(ホテルなどと同じで直前に安くなるのでしょうか。この記事を書いているときには、この内容の確認ができませんでした)

 

EX早割21

21日(3週間)前までに予約すると大幅に安くなるそうです。
金券ショップでバラ売りの回数券(自由席)を買うより安く、しかも、指定席が確保できるとのことです。

 

東京・品川―名古屋 8800円(お得額 2290円)
東京・品川―新大阪 11000円(お得額 3450円)
東京・品川―岡山  13000円(お得額 4340円)
東京・品川―新大阪 14000円(お得額 50580円)
名古屋―博多 14000円(お得額 5540円)

(2017.12月30日現在)

 

現地で知り合った仕事関係の方は、旅行や出張の日程がはっきりしていれば、確実に安く利用できるとこのことでした。

私は、安く新幹線に乗るなら、格安チケットしかないと思っていました。

 

スマートEX、切符はどこで手に入れる?

スマートEXを利用する場合、Suicaなどが必要だそうです

ネットで予約しますが、切符を駅の窓口でもらう必要はありません。
切符が手元になくても、改札ではSuicaやTOICAで通過することができるそうです。

スマートEX、きっぷ不要で改札を通過

SUICAやTOICAのチャージする必要はありません。
SUICAやTOICAカードは、改札を通るときだけ使うそうです。

 

ネットで予約しますが、料金は、クレジットカードで支払うしくみです。
窓口に並ばず、現金を扱うこともないため、便利だと思います。

 

自己破産者でも使えるか。

私は、自己破産しており、クレジットカードが持てませんので利用できません。自己破産者でも、クレジットカードと同じように利用できるデビットカードがあります。

 

デビットカードの利用については、下記の記述があります。

ご利用いただけるクレジットカード
(お客様ご本人名義のもの)
デビットカードやプリペイドカードは、決済の仕組み上、変更や払戻しの際に一時的に二重引き落としや残高不足が発生する可能性があることから、クレジットカード発行会社の判断により、スマートEXに登録できない場合があります。

 

スマートEXについて

  • 会員登録が必要
  • 東海道、山陽新幹線で利用できる。
  • 会員以外の家族などが乗車する場合、駅で切符をもらう必要がある。6名まで予約可。
  • 予約は無料で何度でも変更できる。
  • クレジットカードが必要
  • シートの空き状況を見ながら予約できる。
  • 予約は1カ月前のさらの7日前から。
  • 往復割引あり
  • ファミリー割引やグリーン割引などがある。
  • 沿線のホテルは、特別価格で予約できる。
    (通常、6~7千円くらいのホテルに3千円代で泊まれたそうです。)
  • 使用できるICカード
    Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA
    モバイルSuica

格安切符より安いスマートex

 

プラットこだま

ネット、電話、JRツアーズで購入する方法があるそうです。

お得な切符はクーポン付き、購入は窓口で

ネットにプラットこだまの情報が掲載されていますが、お得なのは、JRツアーズの窓口で購入する方法だそうです。
時期によっては、このチケットは売っていないそうです。
JRツアーズの店舗に行くと、ちらしが置いてあるので現地で確認する必要があるそうです。

運賃が通常より安くなるだけでなく、2~3000円分のクーポン(旅先でのお土産購入)が付いているそうです。
このクーポンを計算に入れると、格安チケット(回数券のばら売り)より安くなるそうです。
お土産を買う予定があるなら、確実にお得になるそうです。

 

お土産付のチケットを購入する場合のデメリットは、店舗に行かなければいけないことです。
お得なチケットは、店舗でちらしを確認し、窓口で購入しなければいけないことだそうです。

プランによっては、2、3日前までに購入する必要があるそうです。
店舗によっては、混み合っていて、時間がかかることだそうです。

この切符には、設定がない区間がありますが、設定駅以外の途中駅からの乗車はできません。
東京・品川~新横浜間、静岡~浜松間、京都~新大阪間の設定はありません。

 

寄り駅の設定がない場合でも、プラットこだまで設定された区間のほうが安い場合があります。

途中駅から乗車する方法もあります。

県内、県外に散らばったグループで旅行するなど、設定がある駅を含む複数の駅からグループで乗車するなどすれば、この切符が利用できます。
この場合、設定がある駅付近に住んでいる人に購入してもらい、途中駅から乗ります。

新幹線、入場券で入って、別の人が買った切符を列車の中でもらう。

 

JRツアーズのプラット旅

新幹線の往復と宿泊のセットなら、ホテル代が無料に近い金額になることもあるそうです。
JRツアーズのホームページでは、次の記述があり、宿泊込みで、通常の新幹線往復代のみより安い場合があるようです。

線とホテルがセットでこの価格!
例えば東京発の大阪1泊プランがなんと23,000円~46,700円
(WEB限定 大阪1泊シングル/千里 ホテル阪急エキスポパーク)
<参考>新幹線代金(通常期/往復)28,900円

上記の場合、シングルプランのみのようですから、出張などの場合、お得に利用できそうです。

2名以上の場合も、さまざまなプランがあるようで、新幹線と宿泊を別々に予約するより数千円お得になるようです。
ディズニーリゾートとの1デイパスポート付のプランもあります。

ネット申し込みは3日前、店舗なら前日に申し込みができます。

 

支払いは、クレジットカードのみだそうです。