自己破産体験記と破産後の節約生活や稼ぐ方法、貧乏生活改善のための体験談記録です。

ETCパーソナルカードでもETCマイレージサービスが利用できます。

ETCパーソナルカードでも、ETCマイレージサービスの利用ができます。

ETCマイレージサービスに登録して、ETCを利用すれば、ポイントが貯まります。

ETCマイレージサービス

ポイントが貯まれば、無料走行分として利用できます。
貯まったポイントは、利用期限があります。

ポイントの残高確認・還元額への交換は、インターネットまたは電話でできます。

自動還元サービス

ポイントは、期限を過ぎると使えなくなってしまいます。
自動で無料で走行できる自動還元サービスを利用すると、自動的にポイントを無料走行分に交換してくれます。

自動還元サービスを使うかどうかは、「登録情報の変更」で、選択できます。

自動還元サービスは、1,000ポイント=1,000円分

自動還元のポイントは、道路によって異なり、東/中/西日本高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、宮城県道路公社では、5000ポイント貯まると、自動的に5,000円無料走行分として利用できるようになります。

他の道路会社では、1000ポイントで、自動的に1,000円分に交換されます。




平日朝夕割引はETCマイレージサービスへの登録が必要

ETCパーソナルカードでも、高速道路の平日朝夕割引が利用できます。

高速道路の平日朝夕割引を利用するためには、ETCマイレージサービスの登録をする必要があります。

ETCマイレージサービスに登録することで、割引が適用されます。
割引利用のための手続きは不要です。

ETC割引は、月間の利用回数に応じて、割引分が、無料走行分として還元されます。
毎月、20日に還元額(無料走行分の金額)が付きます。
還元額(無料走行分)がETCマイレージサービスの画面で確認できます。

月に1,2回の利用では、割引がありません。

10回以上利用すると、現金払いの50%になります。
5~9回の場合は、現金払いの30%です。
1~4回の利用では、割引はありません。

カウントされる走行は、1日2回までです。
複数回走行しても、2回までしか割引されません。

割引は、カードごとに適用される

平日朝夕割引は、ETCマイレージサービスに登録されたカードごとに適用されます。

ETCカードの2枚持ちなど、カードを複数枚使って、お得に高速道路を利用することができると聞きます。

破産者の方は、ETCパーソナルカードのみしか利用できません。
申し込みした本人に1枚しか発行されないため、2枚持ちはできません。

クレジットカードがないと、ETCカードはつくれない。破産者が作れるはETCパーソナルカードのみ

ETCパーソナルカード事務局への電話での問い合わせは、本人のみ

ETCパーソナルカード利用分の引き落としができなくて、利用が停止されました。

自己破産

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

自己破産

PAGETOP