自己破産体験記と破産後の節約生活や稼ぐ方法、貧乏生活改善のための体験談記録です。

ブラックでも持てるJ-Debitカードとデビットカード。その違いは?

  • HOME »
  • »
  • ブラックでも持てるJ-Debitカードとデビットカード。その違いは?

破産者や携帯利用料の滞納などで、ブラックリストに登録された方は、クレジットカードを持つことができません。
インターネット関係のサービスの支払いなど、クレジットカードが使えないと、不便なことが多いです。
そこで、クレジットカードと同様に支払いができるカードを利用することになります。

J-Debit,デビットカード、クレジットカード、プリペイドカード違い

利便性を考えると、デビットカードが使いやすいと思います。

デビットカードには、デビットカードとJ-Debitがあり、間違いやすく、利用できる機能や利用範囲に差があります。

お店でも間違われます。
このデビットカード、クレジットカードとの違いは何でしょうか。
クレジットカードは後払いですが、デビットカードとJ-Debitは、銀行から即、引き落とされることが主な違いです。

  • クレジットカードは、後払い

  • デビットカードとJ-Debitは、即時決済

 

デビットカードとJ-Debitは、即、口座からお金が引き落とされるということが分かりました。
では、デビットカードとJ-Debitは、どう違うのでしょうか。



デビットカード

  • 15歳から利用でき、クレジットカードを同じように全世界で利用できる。
  • ネットショッピングもできる。
  • VISAデビット、JCBデビットがあり、銀行で発行してくれる。
    なぜか、マスターカードのデビットカードは、発行されていません(2015年)。

J-Debit

  • 銀行やゆうちょ銀行などが発行し、口座があれば、誰でも作ることができる。
  • 利用は、国内限定。
  • 店舗での買い物や食事の支払いなどで利用できる。
  • 利用時間に制限がある場合がある。

VISAプリペイド、JCBプリペイド、MasterCardプリペイド

破産者が持てるカードとして、VISAプリペイドカード、JCBプリペイドカードなどがあります。
クレジットカードと同様に使えますが、あらかじめチャージ(入金)した範囲内での利用になります。
支払いは、一括払いです。
利用対象年齢は、カード発行会によって異なります。
チャージした分だけしか使えませんから、海外に行くときには、便利だと思います。

VISA,JCB,MASTER加盟店でも、利用できない店もあります。
また、インターネット関係や有料放送等、月々の支払いはできません。

 

ブラックでも持てるJCB,VISA,Masterのプリペイドカード

 

ブラック登録者が持てるカード3種類

ブラックでも持てるカード3種類

クレジットカードは、後払いで、ブラック登録者は持てませんが、下記のカードは、持てます。

  1. デビットカードは、即時決済で、クレジットカードのように使える。
  2. J-Debitカードは、即時決済ですが、クレジットカードのように使えない。
  3. プリペイドカード(VISA,JCB,MASTER)は、先払いで、クレジットカードのように使える。

このうち、デビットカードとプリペイドカードは、クレジットカードと同じしくみを使って、決済されます。

デビットカードの使い方

無審査のデビットカードは、クレジットカードと同じように使える
一番のポイントは、無審査で作成できることです。
破産者は、クレジットカード作成時に審査で落とされますが、デビットカードは無審査で、作成できます。
銀行口座があれば、作成できます。
キャッシュカードと別にデビットカードを発行してくれる銀行もありますし、キャッシュカードと一体化したカードもあります。

ネット通販やお店などで、クレジット払いを希望し、デビットカードで支払うことができます。

デビットカード、お店での使い方

支払い時には、
「VISA、一括払い」
「JCB、一括で」
と伝えましょう。
お店の場合、店員さんに「デビットカードです」と言う必要は、ありません。
「カード払い」と伝えれば、店員さんは、クレジットカードと同じように処理してくれます。

支払いの際にデビットカードと伝えてはいけません。
「デビットカードで払います」と伝えると、J-Debitカードと勘違いされる場合があります。
また、J-Debit加盟店でも、店員さんが、J-Debitのことを知らない場合があり、店長を呼ぶなどして、利用するのに時間がかかってしまう場合があります。
J-Debitもデビットも即時、引き落としなので、あまり変わりませんが、クレジットカード払いで処理したほうが、店員さも、よく分かっているし、スムーズだと思います。
確実にデビットカードであることを伝えるためには、「VISA、一括で」「JCB、一括払いで」などと伝えるとよいと思います。
デビットカードには、「VISAデビット」「JCBデビット」があり、銀行で発行してくれます。

デビットカードの支払いは、一括払い

デビットカードは、即時決済なので、クレジットカードのように分割払いは、できません。
お店で利用するときは、支払い方法について聞かれたら「一括で」と伝えます。

最初から、「カード払い、一括で」と伝えればスムーズです。

店員さんの指示にしたがって、サインします。
署名が不要の場合もあります。
暗証番号を入力する場合もあります。

少額利用の場合は、サインレス

少額利用の場合は、サインをしない場合が多いです。

「このカード、利用できません」

店頭などで、支払いの際、「カードが使えません」と店員さんに言われることがあります。
口座が残高が少なかったり、空だと、使えません。

デビットカードとキャッシュカードが一体になっているものがあり、用途によって方向が異なります。
方向が逆だと読まないことがあります。

インターネットでデビットカードを利用する

ネット通販やネット関係のサービスの支払いについても、「クレジット決済」、「クレジット払い」と表示されている箇所を選択して、カード番号を入力すればOKです。

クレジットカードと変わりはありません。

デビットカードの選択肢がある場合もあります。無い場合は、クレジットカードを選択します。

インターネットの決済では、カードに記載された3桁のセキュリティコードを入力する場合があります。

 

メールで確認

ほとんどのカード業者は、利用後、メールで利用や残高を送ってくれます。

デビットカードは、即、引き落とされるため、支払い手続き後、ネットなどで通帳の履歴を見ると、利用状況を確認することができます。

土日でも使えます。
手続きの時間帯や営業日の関係で、即、引き落とされない場合もあります。

月々の支払いもデビットカードで

また、月々の支払い方法で、クレジットカードを選択した場合でも、デビットカードの番号を登録しておけば、引き落とし日に、自動で引き落とされます。

ネットで、支払い手続きをするものも大丈夫です。

私は、格安スマホの利用料金やヤフーWalletの月々の利用料を、ジャパンネットのデビットカードで支払っています。

年間会費の利用料も支払っています。
このサイトのデータが置いてあるレンタルサーバの利用料は、デビットカードで支払っています。
初年度にデビットカードで登録し、翌年、自動で引き落とされました。

口座残高を常に確認

手持ちのカードは、デビットカードですが、それを意識することなく利用できます。
銀行口座の残高は、常に気にしておいてください。

口座残高不足の場合、後日、請求決済されることもあります。
この場合、銀行によっては、利用が停止されることがあります。

 

デビットカードは、無審査で15歳から利用できます。
楽天はデビットは、16歳からです。

デビットカードなら、ATM利用の手間と手数料が不要になる

カード払いなら、ATMでお金を引き出す手間と手数料がかかりません。
夜間休日の時間外でも手数料がかかりません。
使いすぎることもないから、安心です。

 

J-Debitカードは、金融機関のキャッシュカード

J-Debitカードは、金融機関のキャッシュカードそのものです。
新たに「J-Debitカード」というカードが発行されるのではなく、通常のキャッシュカードがそのまま提携店などで利用できるものです。

加盟店では、下記の図のように、キャッシュカードそのものが利用できることを表示しています。

J-Debit加盟店の表示

銀行口座の開設は、誰でもできます。J-Debitは、無審査で作成でき、年齢制限もありません。

 

J-Debitカードは、お店や飲食店で使えるカード

使い方は、提携店での買い物や飲食代を支払うときに、J-Debitで支払うことを伝えます。
店員さんにカードを渡すと、店員さんは、端末にカードを通します。
そして、利用者が店内の端末に暗証番号4桁を入力します。

J-Debitカードの使い方、端末へ暗証番号を入力

支払い代金は、即、金融機関の口座から引き落とされます。
即、引き落としですから、口座内の残高を気にする必要があります。

 

利用できる加盟店は、全国45万箇所以上ありますが、世界中で使えるクレジットカードに比べると少ないです。

J-Debitが使えるお店
http://jdebit.jp/pc/shoplist/

キャッシュカードが、そのまま使えるはずなのに使えない銀行もあります。

楽天銀行、イオン銀行では、J-Debitは、扱っていません。

J-Debitカード、最大のメリット

大きなメリットは、手数料がかからないことです。
利用時間に限らず、手数料がかかりません。

ATMのように時間外、休祝日手数料などはかかりません。
また、ATMでお金を引き出す手間も不要です。

通販の代引きに利用できます。

クロネコヤマト宅急便や佐川急便など、提携している宅配業者であれば、代引きの支払いに利用できます。
荷物が届いた時に宅配業者が持参する端末にキャッシュカードを読み込ませ、暗証番号を入力します。

ただし、通販やインターネットショップなどでは、代引き時にJ-Debitが利用できない場合があるようです。
また、代引き手数料がかかります。

J-Debitは、利用時間が限られています。

ゆうちょや都銀などは、ほぼ24時間、365日利用できますが、それ以外の金融機関では、利用時間の制限があります。
金融機関により異なるようです。
利用できる時間
平日 8:00~21:00
土日祝日 9:00~19:00(年末年始、GWなどは除きます)

まとめ

J-デビットカードの特徴

  • J-Debitは、金融機関のキャッシュカードそのものです。
  • 無審査で作成できます。銀行口座があれば、作成できます。
  • J-Debitは、現在、利用している金融機関のキャッシュカードが、J-Debitカードとして利用できます。
    新しく、「J-Debitカード」というカードを作成することではありません。
    通常のキャッシュカードが、J-Debitカードとして利用できます。
  • 通常のキャッシュカードと同じですから、年齢制限はありません。
  • 一部の金融機関で、利用申請が必要な場合があります。
  • 国内の提携店45万箇所で利用できる。
  • 海外では、利用できません。国内限定です。
  • 利用時間に制限がある。
  • 利用時間による手数料は発生しません。
  • 利用の限度額を設けている場合がある。

デビットカードの特徴

  • 無審査で作成できます。
  • 15歳以上であれば、収入がなくても作れます。
    (楽天デビットは、16歳以上)
  • 銀行が発行。銀行口座があれば発行できます。
  • ネットショッピング
  • ネット上のデジタルコンテンツの購入
  • 海外のお店で利用できます。JCB、VISAなどがあり、世界中の加盟店で利用できます。
  • 手続き不要で、海外のATMでお金を引き出すことができます。手数料がかかる場合があります。
  • ポイントやキャッシュバックがある銀行がある。
  • 楽天デビットは、100円の利用に付き、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる。
  • 時間外手数料は、かかりません。
  • ETCカードの発行はできません。
  • 限度額の設定ができます。
    楽天デビットでは、一部サービスで、10,000円以上の残高がないと使えないというものがあります。
  • 取引通知があります。

プリペイドカード(VISA、JCB、MASTERプリペイド)

  • クレジットカード(デビットカード)と同様に使える。
  • あらかじめチャージ(入金)が必要
  • 利用対象年齢は、カード発行会によって異なる。
  • 取り扱っている金融会社が少ない(2015年)
  • 月々の支払いができない。

ブラックでも持てるJCB,VISA,Masterのプリペイドカード

クレジットカード

  • カード作成時に審査がある。
  • 18歳以上
  • 手元にお金がなくても、後から支払いができます。
  • 次の引き落とし日までに口座に入金しておけばよい。
  • 海外でも利用できる。
  • キャッシング(借入れ)ができる。
  • 注意点は、知らない間に返済できない金額の利用額に達することがある。
  • 返済方法
    ・支払いは、利息のかからない一括決済
    ・3回以上に分けて返す分割決済
    ・毎月、一定額を返すリボルビング返済

 

ネットショッピングでカード番号の入力が不安な場合

ジャパンネットは、「カードレスVISAデビット」というサービスがあります。
カードは、発行されず、Web上で番号が発行されます。
番号は、4つ発行でき、1日に5回まで、自由に変更できますから、買い物ごとに番号を変えることができます。

利用の開始、停止は、Web上でできます。買い物をして、すぐに利用停止したり、利用限度額を0円にすることで、セキュリティを高めることもできます。

ショッピング用途として、紹介されていますが、私は、年会費をこれで支払ったことがあります。
ただ、登録しておいて、毎年、自動で引き落とされるものではありませんでした。
使う前は、大丈夫かなと思いましたが、問題ありませんでした。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP